秘書です、最近ヒマが多くなっています。


by nhovcdz3iq
 神奈川県議会厚生常任委員会は17日、県内の海水浴場を原則禁煙とする県水浴場条例改正案を全会一致で可決した。県によると、条例により海水浴場での喫煙を禁止するのは都道府県では初めてで19日の本会議で可決、成立する見通し。
 改正案では、プールなどに加え海水浴場でも専用区域を除き喫煙してはならないという規定を盛り込んだ。違反者に対する罰則は定めないが、3年ごとに実施状況にあわせて条例を見直すことを明記した。
 県内には約30カ所の海水浴場があり、改正案が成立すれば今夏からすべての海水浴場が原則禁煙となる。 

【関連ニュース】
当世「新成人」諸事情
火も煙もゼロのたばこ発売へ=JT
たばこ販売、最大の落ち込みに=増税も1000億円減収
22日は「吸わん吸わん」=白鳥をロゴに、毎月禁煙デー
全面禁煙は「今月通知」=閣議後会見で長妻厚労相

トキのケージ、最初からテン侵入防げぬ設計施工(読売新聞)
入管元職員に実刑=在留手続き汚職−東京地裁(時事通信)
<訃報>平尾勝さん89歳=元ダイダン副社長(毎日新聞)
倫理委承認と偽り論文、東大教授に停職1か月(読売新聞)
日銀追加策に期待感=仙谷国家戦略相(時事通信)
[PR]
# by nhovcdz3iq | 2010-03-20 20:49
 11日午前2時15分から午前3時頃にかけて、栃木県高根沢町飯室の県道・高架橋で、乗用車やトラックなど計7台が絡む3件の事故が発生した。

 この事故で現場に駆けつけた、さくら署の清水崇文巡査長(28)が、近づいてきた車を避けようとして高架橋から11メートル下の地面に落ち、腰の骨を折る重傷を負ったほか、男女4人が軽いけがをした。

 発表によると、現場は片側1車線の坂道で、路面は凍結していたという。

<秋篠宮さま>タイ訪問の日程一部変更 国情の不安定化で(毎日新聞)
邦夫新党「連携ない」 首相(産経新聞)
茨城空港 開港、第1便飛び立つ 国内98カ所目(毎日新聞)
非核三原則、法制化も展望=社民党首(時事通信)
郵政改革 亀井担当相が具体策報告 首相、大筋で了承(毎日新聞)
[PR]
# by nhovcdz3iq | 2010-03-18 21:28
 みんなの党は10日、参院選福島選挙区(改選数2)に会社役員で新人の菅本和雅氏(42)を擁立すると発表した。全国商工青年同友会副会長を務めている。

子ども手当法案衆院委可決「買収だ」…自民総裁(読売新聞)
手まりで春の花 「日本てまりの会」の手作り作品を展示 中央区(産経新聞)
朝鮮学校除外でスタート=鳩山首相が示唆−高校無償化(時事通信)
<NHK>草薙氏に100万円払い和解 報道めぐる訴訟で(毎日新聞)
子ども手当法案可決へ、衆院厚労委(産経新聞)
[PR]
# by nhovcdz3iq | 2010-03-17 07:26
 千葉県茂原市のごみ処理施設「長生郡市環境衛生センター」で、コンクリート壁とアスファルトの地面のわずかなすき間から伸びたシクラメンが濃いピンクの花を咲かせ、職員らを驚かせている。

 計量所の一角で、吹きだまりのような場所。運び込まれるごみに種が入っていたのか、いつの間にか雨水を頼りに根を張った。数年前からこの時期になると毎年開花するという。

 「内気」「はにかみ」「遠慮」という花言葉を思わせる場所に咲いたシクラメン。世話する人がいなくても、名曲の歌詞にある「疲れを知らない子供のように」たくましく育っている。【吉村建二】

【関連ニュース】
菰野町のシクラメン農家・増田康典さん /三重

もんじゅ、耐震安全性も「確保」=報告書ほぼまとまる−経産省(時事通信)
<ケニア人元留学生>在留特別許可求め入管出頭 元駅伝選手(毎日新聞)
B型肝炎訴訟で全国初の和解勧告…札幌地裁(読売新聞)
小沢氏「潔白宣言」に疑問(産経新聞)
しだれ梅 700本が歩道を包み 名古屋(毎日新聞)
[PR]
# by nhovcdz3iq | 2010-03-15 12:24
 30人の研究者に総額1000億円の研究資金を配分する「最先端研究開発支援プログラム」について、国の総合科学技術会議(議長・鳩山由紀夫首相)は9日、各研究者に配る金額を決定した。配分額は13年度末までの実質4年間で1課題につき18億〜50億円と、研究者ごとに大きな差がついた。同プログラムは前政権が創設、当初は1研究者につき30億〜150億円の予定だったが、政権交代を経て大幅な減額となった。

 配分額が最も多いのは再生医療研究の山中伸弥・京都大教授と、高性能電子顕微鏡開発の外村彰・日立製作所フェローの50億円で、2人は申請通りの額が認められた。額が最も少ないのは、血管を収縮させ高血圧を起こすたんぱく質「エンドセリン」の発見者、柳沢正史・米テキサス大教授で18億円。40億円台は3課題、30億円台は17課題、20億円台は6課題、10億円台は2課題−−だった。

 配分額の差について内閣府の津村啓介政務官(科学技術担当)は「研究の優劣ではなく、特徴や経費の内容などを1件ずつ精査した結果だ」と説明した。

 主な配分額は次の通り。横山直樹・富士通研究所フェロー(グリーン・ナノエレクトロニクス)45億円▽田中耕一・島津製作所フェロー(次世代質量分析システム開発など)34億円▽岡野栄之・慶応大教授(神経基盤の遺伝学的解析など)30億円▽審良静男・大阪大教授(免疫制御法研究など)25億円。【奥野敦史】

【関連ニュース】
虚偽表示:健康食品ネット販売の320社を指導 消費者庁
歯周病シンポ:東京で開く 300人が集まり熱心に聴く
慢性疾患:生涯ローン…7割が「医療費重い」 東大調査
ナノ微粒子:遺伝子を搬送、がん治療に応用も 東大が実験
糖尿病:働き盛り調査…治療と仕事両立探る 5千社対象

女性遺体…検視で「病死」翌日解剖で「殺人」(読売新聞)
新幹線「のぞみ」白煙、歯車箱内側から破損か 全632車両を緊急検査(産経新聞)
<コンテナ新法>積み荷情報通知義務付け トレーラー事故で(毎日新聞)
2.4億円支払いで和解=元レストラン店長過労訴訟−鹿児島(時事通信)
<社民党>参院福岡で新人推薦(毎日新聞)
[PR]
# by nhovcdz3iq | 2010-03-11 10:25